事務所の特色

住宅を手放さないで、借金返済

「個人再生」という法律で定められた手続を使うことにより、次のように借金返済をすることが可能になります。

○ 住宅ローン以外の債権を、原則として20%まで圧縮することができます。
○ 圧縮した債権を、利息なしの3年間(条件によって最長5年)の分割払いにします。
○ 余裕ができた分を住宅ローンの返済に充て自宅を守ります

この個人再生手続きを使うことができれば、法律の力によって、住宅ローン以外の借金を減らすことができ、住宅ローンを優先して払うことができるので、住宅を守り、現在の生活を守ることが可能になります

グリーンリーフ法律事務所は、これまで600件以上の個人再生案件を扱っており、弁護士、スタッフとも経験が豊富です

債務整理のご相談者様に対しては、個人再生手続が可能かどうかを、まず検討します

これを判断するポイントは、
・借金を減らし、減った借金を3年の分割払いで毎月返済することとした場合に、
・住宅ローンを含む、生活費の支払いをした後に、
・毎月の返済金を支払うだけの収入があるか、です。

そして、それができないと判断される場合に、自己破産という手続をとることを検討し、資産と負債を清算し、借金をゼロにする方向での検討をすることになります。

また、個人再生、自己破産の手続をとる中で、本来ならば払う必要がなかったにもかかわらず、貸金業者に利息として払い過ぎてしまったお金、つまり過払金が出てくることがあります
この場合、まず、貸金業者と交渉し、それがだめな場合は、訴訟をして過払金を回収します。

取扱業務

個人再生個人再生
借金で家や財産を無くしたくない。
裁判所に申し立て、借金の総額を減らしてもらった上で、残った借金を原則3年で分割して返済していくものです。


自己破産自己破産
とにかく借金をすべてなくしたい。
自己の資力では支払えなくなった債務(借金)を免除してもらうよう裁判所に申し立て、経済的に一から出直すものです。

債務整理、自己破産のことならお気軽にお問い合わせください。
0120-25-4631