サラ金、クレジットカード会社、銀行系カードローン等への最後の返済から5年以上経過している場合は、借金の支払義務がなくなる可能性があります。
 ただし、注意をしなければならないのは、5年が経過すれば自動的に借金が消えるわけではなく、こちらから「消滅時効」の援用(主張)をすることによって初めて借金の支払義務がなくなります。そのため、仮に最後の返済をしてから5年以上が経過していても、その後に一度 でも返済をしてしまえば、消滅時効の援用(主張)はできなくなってしまいます。
 そこで、もし最後の返済から5年以上が経過しているのに、突如債権者あるいは債権回収会社、法律事務所、裁判所等から督促の手紙が届いた場合には、返済をする前にまず一度弁護士に相談することをお勧めします。