返済日をすぎたら、債権者から電話がかかってきたり、手紙・ハガキが送られて来ることがあります。経験のある方もいらっしゃるかと思います。クレジットカード会社は結構うるさく、一日過ぎただけでも電話をしてくる会社もあるようです。

債務整理を弁護士にご依頼した場合、まずは受任通知という書面を各債権者宛に送付することになります。受任通知には、債務整理の準備を開始すること、弁護士事務所が窓口になること、債権者から依頼者への直接の取り立てはしないでほしい旨のお願いを記載します。
貸金業者や金融機関は、受任通知を受け取った場合、債務者に対する直接の連絡や取り立てが法律上できなくなります(貸金業法等)。したがって、大手の消費者金融などから、取り立てを受けたり嫌がらせを受けるということは無いでしょう。
しかし、個人の債権者や闇金の場合は、受任通知を送っても無視して、直接連絡をしてきたり、極端な場合は家に行くこともあります。ただ、弁護士が何度も通知や連絡をしたら、そのうち止まるという事がほとんどでした。あまり取立行為をやりすぎると、刑法に違反する行為もでてくるので、債権者としても諦めるということだとは思います。
当事務所で債権者から嫌がらせを受けたということは聞いたことはないですが、個人の債権者の場合は感情で動いてくる方もいるので、注意が必要ではあります。

埼玉県トップクラスのグリーンリーフ法律事務所

LINEからご相談・ご予約できます!

※人気コラム※

1 自己破産と携帯(スマホ)代金の分割払い

2 債務整理をしたら、債権者から追われたり嫌がらせを受けるか

3 債務整理と銀行の通帳の話

4 自己破産とデビットカードの話

5 その他のコラムはこちらからどうぞ

 
債務整理弁護士電話無料相談