ニュースで、ネイルサロンの倒産が相次いでいるという情報がありました。
帝国データバンクの調べによりますと、「ネイル専門サロン」の倒産が令和2年11月までに19件判明したとのことです。平成12年以降、増加の一途を辿る中、過去最多とのことでした。

ネイルのような美容業界には、コロナの影響があるようで、従前と異なり、在宅勤務をはじめとして、人と接する、あるいは人の目に触れる機会が減少する傾向にあるため、需要が下がった可能性などがあるのかもしれません。また、基本的にネイルサロンでは、対面作業をする必要がありますので、お客様が控える傾向にあるのかもしれません。

ネイルを整えることは、気持ちに変化を与えたり、髪型と同じくマインドセットすることにも繋がると伺います。

ネイル業界が衰退するのは望ましくありませんが、万一、経営がうまくいかずに、負債を整理したいとお考えでしたら、弊社がお力になれるかなと思います。
見通しが立たなくなってからではなく、少しマズイかなと思った段階でまずはご相談いただければなと思います。