紛争の内容

 依頼者は、海外で不動産を購入するために借金をしたり、接待費用でカードを使う等して、500万円程度の借金を負った。収入に比べて過大な債務を負担したので、とうとう返済ができなくなりました。

交渉・調停・訴訟などの経過

 依頼された時から、家計簿をきっちりつけていただき、当事務所でも、家計簿を数ヶ月確認しました。また、無駄な出費をしないように指導させていただきました。その上で、万全の準備をして破産の申立てに至りました。

本事例の結末

  「浪費」があったとして、管財人がるくことになりました。管財人には、きちんと家計簿を提出して、調査にも協力しました。最終的に、反省があるとして、裁量免責を認めてもらいました。

本事例に学ぶこと

 ご依頼いただく際は、家計簿も提出するので、きちんと生活を見直すという気持ちが重要です。