紛争の内容

 依頼者は、スマートフォンでのゲームにはまり、年100万円程度をゲームに課金してしまい、とうとう借金を重ねて、返せなくなってしまいました。

交渉・調停・訴訟などの経過

 依頼された時から、家計簿をきっちりつけていただき、当事務所でも、もう課金をしていないことを数ヶ月確認しました。また、無駄な出費をしないように指導させていただきました。
 その上で、万全の準備をして破産の申立てに至りました。

本事例の結末

 裁判所での面接がありましたが、本人がまじめに働いていること、事務所で家計簿を管理しており課金をしていないことが確認できたこと、生給料の範囲内で生活が成り立っていること等から、管財人はつかず、同時廃止で破産が終了し、免責も認めてもらえました。

本事例に学ぶこと

 浪費型の場合は、原則は管財人がつきますが、同時廃止になることもあります。判断が微妙なときは、本人の努力で結果が変わりますので、ご依頼いただく際は、きちんと生活を立て直そうという気持ちが重要です。