最近、広告やテレビCMで、初回借入れ金利ゼロを謳う、消費者金融の広告を良く見ます。
確かに、利子が掛からずにお金を借りることができるのであれば、とても助かります。しかし、消費者金融は利益を得ることを目的とした企業です。
はたして、純粋な慈善事業を行うのでしょうか?

資金に余裕があって、消費者金融を試してみるという方であれば、問題ありません。
初回の借入金利ゼロの期間だけ借りて全額返済し、以降は借入れをしなければいいのですから。
ですが、必要な資金が不足し、借入れをしないと返済や生活ができないという方はどうでしょうか。
通常、初回の金利ゼロの期間を終えますと、元本を返済しなければいけないはずです。
この場合、返済資金は何とか用意できたとしてもそれは翌月の生活や返済に必要なお金ですから、やはり、また借りなければいけません。
すると、その時の借り入れは2回目ですから、金利ゼロではないはずです。
つまり、2回目の返済からは利子も返さなければいけないのです。

初回金利ゼロで安易に借入れを開始することはできますが、その借入れをして、2回目以降、利子を含めた金額の返済をすることはできますか?あるいは、借入れが拡大する可能性はありませんか?
翌月にはまた、生活費の他に返済分のお金が必要になります。すると、翌月借りる時には利子が発生しますが、返済の時に、利子分を含めたお金が準備できますか?
準備できないのであれば、借りるべきではないと思います。

根本的な解決を図りたいという方に対しては、当事務所は全力でお力になります。
ぜひ、初回金利ゼロのフレーズで安易に借入れをしてしまう前に、当事務所にご相談にお越しください。