報道によれば、新型コロナウイルスの影響が長期化しているため、政府は、生活に困った世帯を対象に、最大30万円を給付することを検討しているようです。
ただし、この制度の対象は、すでに、「緊急小口資金」などの貸付制度を貸し付け上限額まで借りた世帯などのようです。

この制度自体は借り入れではないようですが、「緊急小口資金」の借り入れをしていない人は利用できないということになるようです。

政府からの給付を得るために借り入れをするというのも一つの方法ですが、もし、すでに負債があるという方でしたら、個人再生や自己破産によって借金の返済額を減らすことで、経済的再生が可能になるかもしれません。
ぜび、個人再生や自己破産で実績のある当事務所にぜひご相談ください。
皆さまの経済的再生のお力になれるようご相談にのって参ります。