裁判所に破産手続を申し立てるまでには様々な書類を集める必要があります。
 保有する財産の種類によって集める書類は異なりますが、その点を措いても、書類集めがすんなりいくケースと難航するケースがどうしても出てきます。
 仕事が忙しく役所や金融機関に行けないといった実際上の問題もありますが、日常生活を送る上での些細な習慣の違いが書類集めのスピードに影響をもたらしているという印象です。
 以下では書類集めが比較的スムーズにいく生活習慣をご紹介します。
 ①通帳を日頃から記帳している。
 ②日々の家計簿を完璧ではないにせよつけている。
 ③借入金の返済を行う口座と住居費等を支払う生活口座を分けている。
 ④何らかの契約を締結した場合、契約書の類をひとところにまとめて保管している。
 ⑤給与明細等を念のため保管している。
 
他にも有用な生活習慣があると思いますが、破産手続き申立て準備という意外なところで日頃の生活習慣に助けられることがあるかもしれません。