個人再生の流れ

(1)ご相談
※ 弁護士がお話しを伺います。
 ↓
(2)受任
※ 受任手続完了後は、住宅ローンを除いて、債権者に返済する必要はありません。
 ↓
(3)債権調査・お打合せ
※ 各債権者から取引履歴の開示を受け、当事務所で利息制限法に基づく引き直しをして、債務の総額を確定します。その間、毎月の家計の状況についてのご報告、裁判所に提出するための書類の準備をお願いすることになります。
 ↓
(4)裁判所へ個人再生手続申立
 ↓
(5)裁判所での手続開始のための審問・再生手続開始
※ 通常は、少なくとも1回は、裁判所まで同行していただき、裁判官から直接質問を受けることになります。その後、再生手続の開始決定が出て、その決定書が当事務所に送られてくることになります。
 ↓
(6)返済計画案の作成・提出、認可
※ 当事務所で返済計画案を作成して、裁判所に提出します。認可された場合には、裁判所からその認可決定書が当事務所に送られてきます。)
 ↓
(7)返済の開始
※ 返済開始後は、ご自身で返済を行なっていただくことになります。



個人再生関連ページ

個人再生TOP
個人再生Q&A

 
0120-25-4631
弁護士による債務整理
 

このページの先頭へ