会社整理(破産)(22)

会社が破産する場合の従業員対応の一般的な注意点はありますか

従業員は事態を察知していることも多いと思われますが、突然のことにショックを受け、破産申立の準備が混乱することも考えられます。

そのため、代表者は、申立直前に申立代理人である弁護士と共に事業所に赴き、破産申立てに至った理由を説明し、混乱が生じるのを未然に防止し、在庫等の資産や帳簿類の保全への協力、さらに破産管財人への協力を要請することが必要となります。

また、従業員の一番の関心事は給与(未払いがある場合は特に)、健康保険の切り替え、年金の処理、失業保険受給関係(離職票の発行等)ですから、これらの取り扱いについても、きちんと説明すべきです。

 
0120-25-4631
弁護士による債務整理
 

このページの先頭へ