紛争の内容

家計上は一つになっている同居者に、臨時収入があったケースで、自己破産をするにあたり管財人が就く可能性が否定できなかった

交渉・調停・訴訟などの経過

裁判所に対し、申立段階で同居者とは夫婦関係にはないこと、同居するにあたってはやむを得ない事情があり、同居者の財産を破産者の財産とは考えられないことを詳細に上申書で説明した

本事例の結末

同時廃止となり、速やかに免責許可決定を得ることができた

本事例に学ぶこと

裁判所に対し、丁寧に財産状況を説明することが必要であると感じた

弁護士 相川 一ゑ