紛争の内容

依頼者は、昔に借りた借金について債権者からその請求を受けるようになったため、弁護士に相談しました。
弁護士にて確認をしたところ、どの債務も最終返済日から5年以上が経過していたため、債権者に対し、消滅時効の援用をすれば、債務を免れる可能性が高いと判断しました。

交渉・調停・訴訟などの経過

早速弁護士より、債権者に対し、内容証明郵便にて消滅時効の援用をしました。

本事例の結末

その結果、債権者から特に反論もなく、消滅時効を認める旨の回答を受けました。

本事例に学ぶこと

債務の返済ができない場合、自己破産の申立てをお考えになるかと思いますが、相当期間返済なく、また請求や訴訟もなされていない場合は、消滅時効が成立し破産手続も不要な場合があり得ます。本件も消滅時効援用のみでスピード解決となりました。
まずは弁護士に相談してみてください。