紛争の内容

 申立者は、趣味の写真で、500万円くらいの借金をして、返済ができなくなった。当時の状況に照らすと、無理な借入であり、「浪費」と判断された。

交渉・調停・訴訟などの経過

 申立のあと、免責不許可事由があると判断され、破産管財人が選任された。

本事例の結末

 家計簿をきちんとつけて管財人に提出・管財人の調査に真摯に協力・生活の立て直し等をすることにより、結果的に、「裁量免責」により、借金が0円になった。

本事例に学ぶこと

免責不許可事由があっても、「裁量免責」のチャンスがあるので、反省していることをアピールして、結果で示せば、免責は得る可能性が大きくなる。