紛争の内容

結婚前からの借金が多く、結婚後も、パチンコで借金を増やしてしまい、ギフトカードの換金行為を50回以上やってしまった方からのご相談でした。

交渉・調停・訴訟などの経過

まず、受任後は家計指導を行い、支出の抑制に努めてもらいました。
また、ギャンブルによる借金増大、換金行為は、免責不許可事由に該当しますので、取引履歴をみながらそうした行為の問題点を説明し、ご本人の反省を促しました。

本事例の結末

裁判所へ提出する経緯には、依頼者の不利な点も丁寧に記載し、反省が伝わるよう工夫しました。
その結果、免責調査のための管財手続きとなることなく、同時廃止手続という迅速に終わる手続で終了しました。

本事例に学ぶこと

してしまったことは変えることはできませんが、反省を伝え、当事者の経済的更生へのお手伝いをすることはできます。
当事務所は、努力される方を応援します。ぜひ、ご相談ください。