依頼内容

両親の離婚に伴い世帯収入が減少する中で生活費等のために母とともに借入れを行ったが、その後、職場の人間関係から退職を余儀なくされ、返済を行うことが難しくなりました。母は既に破産手続の準備に入っているとのご相談でしたので、破産手続申立代理人として受任しました。

負債状況

200万円程度

資産状況

財産的価値のある資産は特になし

方針・事件処理の結果

母も自己破産手続準備中ということで返済を継続できる余力はなかったため、裁判所に対して破産手続を申し立てることとしました。
借入れ等について一部浪費的な部分があったので、申立書において詳細な説明を行いました。
結果として母子ともに同時廃止手続での処理となり免責許可決定を受けることができました。

本事例に学ぶこと

借入れ等の原因において免責不許可事由に該当する可能性があるものが存在する場合、積極的に当時の事情を説明することが求められます。