事案の概要(紛争の内容)

 家族が突然ご病気になってしまい、その家族を支えるために借入れをしたことがきっかけとなり、弊所にご相談にいらした頃には900万円弱の借入がありました。すでに十数年前に一度破産をしていたこと、少しではありますがギャンブル等を行ったことがあることから破産をすることができるか難しい状況ではありましたが、ご自身の体調も崩されており、収入が大幅に増加する見込みもなかったため、やむを得ず再度の債務整理をすることとなり、破産を申し立てることになりました。

交渉・調停・訴訟などの経過

 特になし

本事例の結末

 二度目の破産をすることになった経緯につき、裁判所に対し詳しく説明し、債権者の意見を聴取した上で、破産をすることができました。

本事例に学ぶこと

破産は借入が多くなってしまった方を救う制度ではありますが、何度も破産が許されるわけではありません。借入をしなければならなくなった経緯がどんなものであれ、何度も破産をすることは、「返せなければ破産」という選択肢を持っているのではないかと疑われかねず、一度目の破産の後に再度返せないような借り入れをした経緯を厳しくチェックされてしまうこともやむを得ません。その結果、破産ができなくなってしまうことがあります。返済ができなくなってきていたら、返済のために借入れをするのではなく、債権者に損害を多く発生させる前に自分の債務を見直してみてみるのはいかがでしょうか。