紛争の内容

換金行為やギャンブルといった免責不許可事由のある申立人の破産事件の破産管財人に選任された。

経過

破産者本人と面談し、毎月の家計簿の提出を求める等の調査をした。

結論

最終的に破産者に裁量免責が認められるに至った。

学ぶこと

破産申立てに至る経緯について誠実に申告し、申立後の経済的再建に向けた真摯な対応をすることが重要といえます。