紛争の内容

依頼者は若年の女性であったが、就職に伴う引越費用のためにカードでキャッシングをしたことをはじめ、洋服や食料品等の日用品をカードで購入するようになった。
気付くと、毎月入る給料がほとんどその月のカードの返済に消えていく状態となり、生活費のためにさらにキャッシングを繰り返すようになった。
その後、妊娠したことをきっかけに勤務先を退職せざるを得なくなり、収入が途絶えて、これ以上債務の支払いをすることが難しくなった。
債務は300万円を超えていた。

交渉・調停・訴訟などの経過

収入がゼロであり、目ぼしい財産もなかったため、支払不能状態にあるのは明らかであり、破産を申し立てることにした。
依頼者は、実家に身を寄せて、両親の援助のもとで生活。出産の予定日に合わせて申立までのスケジュールを調整し、出産前に全ての打合せを終えて破産申立てを行い、出産後、ある程度落ち着いた頃合いに裁判所での審尋を迎えられるようにした。
免責不許可事由に該当するような事情も全くなかったため、同時廃止手続きとなった。

本事例の結末

無事破産免責を受けることができた。

本事例に学ぶこと

債務整理と出産のどちらを優先させるかは状況により様々であるが、本件の依頼者は早期に借金を整理することを望んでおり、出産のスケジュールを睨みながら同時並行で進めることを選択した。
これからは安易にカードに頼ることなく、お子さんのためにも堅実な生活を心掛けて欲しい。