紛争の内容

依頼者は、浪費により借金を重ねていました。また、借金がたくさんあるにもかかわらず、実家に多額の仕送りをしていました。借金を払いきれず、破産を希望して当事務所にいらっしゃいました。

交渉・調停・訴訟などの経過

裁判所からは、実家への仕送りは本来債権者に回すものなので、実家からお金を取り戻すかどうか検討する必要があるとして、管財事件となりました。
その後、管財人と何度も面接し、仕送りをしなければならない事情を説明しました。その結果、仕送りは正当なものとして認められ、お金の取戻しはありませんでした。

本事例の結末

債務者の反省も認められて、管財人からは、免責相当の意見がでました。結果的に、無事に免責となりました。

本事例に学ぶこと

しっかりと債務者の状況を裁判所に伝えて、免責を目指すことが重要。
当事務所では、破産の経験が豊富なので、困難な事例でも対応できます。