依頼内容
従前は国外で仕事をしていたが、両親を介護する必要から帰国・転職を余儀なくされ、収入減及び医療費等の増大からこれまでどおりの返済が難しくなったとのご相談でしたので、破産手続申立代理人として受任しました。

負債状況
800万円程度

資産状況
財産的価値のある資産は特になし

方針・事件処理の結果
返済を継続できる余力はなかったため、裁判所に対して破産手続を申し立てることとしました。
大口の個人債権者が存在しましたので、当該借入れの経緯を使途に関する資料を添えて申立書の中で厚く説明しました。
20年前に個人事業の失敗による破産歴がありましたが、破産管財人がつかない同時廃止手続を経て、免責許可決定を得ることができました。

本事例に学ぶこと
過去に破産歴がある場合には裁判所の審査が厳しくなる傾向がありますが、過去に破産をした時期や再度破産に至った事情によっては破産管財人がつかないまま破産手続が終了するケースもあります。