自己破産(5)

過払金で、弁護士費用、管財人への引き継ぎ予納金を賄い、破産申立てをした例


【依頼内容】
Aさんの夫が勤務する会社の経営状況が悪化し、収入が下がって、生活費、借金の返済のためにAさんも借入するようになりました。
借入、返済を繰り返しする自転車操業になり、気がついたら10社で500万円にもなってしまいました。

夫さんが無職になり、夫婦合わせて借金が1500万円にもなってしまい、とても返済ができない状況になりました。電話帳で当事務所を知り、法律相談することにしました。


【負債状況】
住宅ローンなし
債権者数5社・引き直し残高250万円


【収入・資産状況】
収入:23万円(アルバイト2つかけもち)
資産:預貯金


【手続きの方針、結果】
破産申立で受任しました。
10社の内、5社で過払い金が200万円回収できたため、弁護士費用・報酬は全て過払い金から充当できました。
管財人の引継ぎ予納金20万円(夫婦同時申立のため2人で25万円)も過払い金から支払できました。

夫と同様、高級時計の換金行為があったこと、過払い金から諸費用をひいて残った101万円が残ったため、異時廃止で破産申立することになりました。
さいたま地方裁判所に破産申立をしました。

過払い金から諸費用をひいて残った101万円は自由財産拡張申立をしました。管財人と裁判所に認められたので管財人から依頼者に戻されました。
Eさんは無事免責決定がでました。


 
0120-25-4631
弁護士による債務整理
 

このページの先頭へ