月16万円のローンの支払いが困難なため、再生ではなく、破産申立てをした例


【依頼内容】
Cさんは、父親と共有名義の不動産があり、住宅ローンの他に、サラ金からの借入れが膨らみ、返済が厳しくなったということで、当事務所にご相談にみえられました。

8年前に自宅不動産を購入し、両親と同居し、父親と2分の1ずつの共有名義としたため、月額16万円の住宅ローンの返済も、Cさんと父親で、8万円ずつ払っていました。Cさんは、何度か転職をしており、収入がない時の生活費や住宅ローンの支払いを、サラ金から借りて支払ったりしていました。8年間で、債務総額は約800万円にも膨れ上がって、とても返済が追いつかなくなったということでした。

当初、Cさんは、「サラ金からの借入れは、両親に内緒なので、個人再生手続で債務を圧縮して支払い、自宅不動産を維持したい」と希望していました。そこで、数か月間、家計の収支をつけてもらい、個人再生手続きが可能か検討しましたが、父親が、半年前に定年退職しており、現在は年金暮らしであるため、今後、Cさんの給与から毎月16万円もの住宅ローンを支払い、そのうえ再生の返済をする事は困難だという結論になりました。


【負債状況】
住宅ローン 3000万円
サラ金からの債務 700万円


【収入・資産状況】
収入:月給 28万円


【手続きの方針、結果】
Cさんと父親の二人とも、自己破産の手続きをすることになりました。
自宅不動産があるので管財事件となり、管財予納金がかかりましたが、自由財産拡張の申立が認められ、Cさんと父親それぞれが一人につき99万円までの範囲で、預金や保険の個人の資産を維持することができました。
Cさんは無事免責決定がでました。

「家は手放すことになりましたが、両親と月8万円の借家に住み、つつましく暮らしています。3700万円もの借金から解放され、これで、ようやく自分の結婚についても、考える余裕が出てきました。ありがとうございました」と、お礼の連絡がありました。