会社整理(破産)(6)

自動車販売店・修理店業 負債総額約3000万円の会社の手続き


【依頼内容】
自動車販売店・修理店業 破産債権総額 3000万円 従業者3名の会社です。

■会社整理(破産)の原因
不景気による営業不振から、資金繰りができなくなったものです。


【手続きの方針、結果】
1、事案の内容
ご依頼者は、自動車販売・修理店を営む法人ですが、実質的には、オーナーが一人で切り盛りをしているような、会社でした。
不景気による営業不振から、資金繰りができなくなり、破産を決意しました。

2、問題点
①オーナーには、会社破産後も、個人事業主として、同事業をしたいとの希望がありました。
②自動車の修理工具やパソコン等、会社所有の者か、オーナーの個人所有のものか不明な物がありました。

3、経過・破産申立て後の流れ
破産申立後、管財人がつきましたが、やはり工具等について会社所有の財産か否かが問題となりました。
当職は、工具等の一つ一つについて見積りを取り、既に残存価値が無いと思われるものは、管財人に放棄をしてもらいました。
また、会社の決算書や領収書等を参考としながら、会社所有の財産か否かについて丁寧に立証をしていきました。
最終的に、会社所有と判断された工具等や在庫は、全てオーナーが適正な値段で管財人から買取りました。

4、結論
無事に会社破産が認められ、オーナーは、会社から買い取った工具等を引き続き使用し、店名を変えて、新たに同事業をすることができました。


 
0120-25-4631
弁護士による債務整理
 

このページの先頭へ