債務整理で重要なことの一つに家計簿があります。
収入と支出のバランスを見ることのできる大切な資料です。

個人再生手続や破産手続においては、裁判所に、月ごとにまとめた家計状況を提出します。
また、個人再生手続や任意整理では、毎回返済していけるだけの余裕が家計にきちんと出ているかどうかや、破産であれば著しい無駄な支出が無いかどうかをチェックするため、ご依頼者様には受任時から家計簿の記入をお願いしております。

今まで家計簿を付けたことが無いと言う方もいらっしゃると思います。
借り入れに頼った生活を送っていると、収入の範囲内で生活すると言うのは、意外に難しいものです。
ですが債務整理は人生の再スタートのための手続きでもあります。

実は、家計簿を書くことそのものは難しくはありません。コツは毎日つけることです。
お給料日を第一日目とし、お給料日前日まで毎日つけ、収入の合計と支出の合計をそれぞれ計算してみて下さい。支出の方が収入よりも少しでも多ければ、どこかで節約をする必要があります。
ぜひ収入と支出のバランスを見つめ直してみて下さい。

2011-10-17 12:10 write