債権者から開示される取引履歴をチェックしていると、リボ払いがとても多く利用されていることが分かります。
リボ払いとは、一般的な分割払いとは違い、毎月一定の金額で返済していくものです。
借りる人は、カード会社に決められた限度額が設定されています。その限度額までは好きに借りられるわけです。

問題点だと思われるのは、リボ払いは毎月の負担感が少ないために、借金という感覚が次第に薄れがちになる点、追加借り入れを繰り返し多重債務に陥っている点です。

返済金額はクレジット会社によって異なるようですが、月額3000円から10000円程度に設定していることが多く、とてもお手軽なイメージがあります。
その手軽さもあって、リボ払いを利用する人が増えているようです。

ところが……

ところが、リボ払いでは「毎月定額での返済」ということですから、当然支払額総額が多くなればなるほど、支払期間が長くなってしまいます。
支払期間中は金利がかかっていることを認識しておくことが必要です。
カード会社とって、限度額いっぱいのお金を長く借りてもらえれば一番利益が出るわけです。
それを可能にしたのが、リボ払いです。

リボ払いは残高にもよりますが、ほぼ少ない金額を毎月返済するようになっています。
毎月一定額を払えば良いわけです。2つ目の商品を買おうが(またはキャッシングしようが)、3つ目の商品を買おうが(またはキャッシングしようが)、返済額は常に一定です。

通常の分割払いの場合は、商品(またはキャッシング)ごとに支払い回数を決めて返済する必要があります。商品ごとなので、3つも4つも買えばその分、月々の支払いが増えていきます。(月々1万円の商品が3つあれば、それだけで3万円+3商品分の利息を払う必要があります。)
リボ払いの場合は、一定額を払うだけですが、それは結局、利息を多く払うことになり、自分の首を絞めることになります。

さらに怖いのは、払い終わる前に次々にショッピングやキャッシングを限度額まで繰り返していると、いつまでたっても残高がほとんど減らず、返済が終わらない状態になってしまうことです。

クレジットカードは便利ではありますが、リボ払いは何種類もあり、選択する返済方法によっては金利がとても高くなることを認識し、返済方法は慎重に選択したいものです。
自身のクレジットカードはどうなのか、分からない場合はカード会社に確認し、諸条件を比較されることをおすすめします。
2011-04-07 09:04 write