会社整理(破産)(42)

会社が破産する場合、帳簿類は破棄してしまっていいのでしょうか

会社の代表者等の関係者は、帳簿類を破棄してはいけません。

会社が債務超過の状態にあるかどうかの判断資料として、また、会社名義の資産、債権・債務の調査のための資料として、直近の貸借対照表などの計算書類、決算報告書のみならず、その元となる帳簿類が必要となります。
それらの書類がなければ、破産手続きをスムーズに行うことができませんので、大切に保管しておき、破産管財人に引き継ぐようにしなければなりません。

 
0120-25-4631
弁護士による債務整理
 

このページの先頭へ